April 17, 2021

確定申告って、フリーランスの人が税務署にわざわざ出向いて行列を作る必要性ありますか?
確定申告のためにわざわざ税務署へ行く人って、①めちゃくちゃ稼いでいる人、②税務署員と対面しないと不安で仕方がない人の2タイプしか思い浮かばない。。
全部電話やらネットでなんとかなると思うのだが。
2021-04-17


Comments(0) |  │   (16:03)

ブルーライトカットは科学的な根拠のないでまかせ…という記事を見かけた。
ずっとブルーライトカットを使っているが、素人の体感では大分違うような気がする。
ブルーライトカットを詐欺商法呼わばりしている書き込みも見たが、JINSでもZOFFでもブルーライトカットそのものは大分以前から無料になっている。
ディスプレイを見ている時間が長いので、JINSのナイトユースにしたのだが、素人の体感だが、目が楽である。
ブルーライトカットに変えてから、眼球の奥の方の眼神経がズキズキするような痛みから解放されたと思う。
この先、ナイトユースは、またリピートすると思う。


Comments(0) |  │   (21:16)

April 15, 2021

GWの予定は、オンライン留学へ…。
ええじゃん、セレブ風で。
いまの「オンライン英会話」って無料体験が1週間くらいあるから、GWの初日に自分が入ったことがないオンライン英会話の無料体験に登録したら、GWはオンライン留学できる(笑)
Comments(0) |  │   (14:49)

April 14, 2021

機械翻訳って「解凍ツール」なんだよな。
DeepLに限らんけど。
①非ネイティブが全面的に機械翻訳に依存して英文を書く
②その「英文」を読まされる側は、機械翻訳で一気に「解凍」する
みたいな。
「翻訳」というより「解凍」だな、あれは。
非ネイティブの手による英文は、一度「解凍」したほうが正確に早く読める。
機械翻訳文法というものがあるが、人間英文法とやや異なる気がしている。


Comments(0) |  │   (13:47)

April 13, 2021

僕はオンラインで曲づくりと制作のクラスを立ち上げることにしました!
入学申し込みは4/23から、クラスは4/26からです。 ええっ?!
世紀のスーパースターからオンラインで曲作りが学べるすごいクラスなのでは…?!
2021-04-13
ブログランキング・にほんブログ村へ
翻訳ブログ人気ランキング参加中


Comments(0) |  │   (09:51)

米国には180万人くらいホームスクーリングの子供がいるという報道を大昔に見たが今はもっと増えているかもしれない。
うちはホームスクーリングだというのなら別にそれでいい。
勉強なんかやりたくなったらやればいいのだ。



Comments(0) |  │   (16:53)

April 11, 2021

2日後、youtubeでジャスティンビーバーがパリからオンラインライブやるそうです。
開始時間ですが…4/13 4pm PSTと出ていますが、youtube日本語版では朝の8:00になってる。
ライブパフォーマンス(前半15分)はだれでも見られますが、コンサート後の茶話会(the afterparty)を視聴するには、youtubeプレミアムの無料お試しに加入している必要あり。



Comments(0) |  │   (14:34)

先日、Uber Eats(ウーバーイーツ )の広告がうちのポストに入っていた。
キャンペーンをやっていて、はじめての客に限り、1000円割引してくれるそうな(他に条件あり)。
なんか頼んでみたい…。

Comments(0) |  │   (21:17)

April 09, 2021

次回に向けて努力するべし。
Comments(0) |  │   (15:35)

April 08, 2021

翻訳者はレビューを依頼されることが多い。
かなり以前のことだが、Tradosファイルをレビューした。
開けてみると「(原文には大量に打ってある)タグがない」訳文であった。
こうした場合は、ファイルをPM(プロジェクトマネージャー:翻訳会社の案件の担当者)に戻したほうがよいのだろうか?
しかし時差もあってファイルを戻すと納期に間に合わない。
しゃあない、レビュアー役の私がやるか…と思ったが、腑に落ちない。
これって明らかに1次翻訳者の仕事でしょ、CATツールのタグを打つって。
レビューした翻訳文だが、翻訳者になって間もない人…という印象。
ソースセグメントのタグを挿入する方法を知らないと見た。
英語には自信があっても、翻訳実務経験が乏しいと、次の工程に渡せるだけの成果物ができないという好例。
契約書翻訳で、契約書って一文にタグ50個みたいなファイルが本当にあるので、タグ入れはものすごく時間がかかった。
理不尽だが、翻訳者の納期に比較するとレビューの納期はさらに短いので、いちいち「レビューできない理由」をPMに説明して交渉していると間に合わないのだった。
ブログランキング・にほんブログ村へ
翻訳ブログ人気ランキング参加中


Comments(0) |  │   (14:15)

April 07, 2021

夜遅く翻訳会社からメールがきた。
数日前に納品した短い翻訳に関して、クライアントから文句がきたらしい。
クライアントのメッセージが添えられていた。
「前回の翻訳とのコンシステンシーはどうなってるの?」
片方が間違いだと思っているらしい。
前回の翻訳があって、今回の翻訳があって(原文は一部が同じ)、前回の翻訳が正しいのなら訳文を変更するな。
私は、以前の翻訳がツールに残っていても、クライアントが以前の翻訳を原文にくっつけて送ってきても、良い訳を見つけたらそっちにすぐに直す。
今回変更したのは変えた方がよさそうだったからで、どちらも間違いではない、そもそも日本語には同じことを表現するのに多くの言い方がある…というメッセージを添えて再納品しておいた。
コンシステンシーという言葉は、<同じファイル/プロジェクトの中で、同じ単語に対して、同じ訳語を使う>という意味だと思っていたが、クライアントによっては、「前回と今回の翻訳が同じ」という意味で使うこともあるのだな…と知った。
ツールに残っている100%を変更するな、という意味でもコンシステンシーとか言うのだろうか?知らんけど。
ブログランキング・にほんブログ村へ
翻訳ブログ人気ランキング参加中

Comments(0) |  │   (18:30)

詐欺師だってばれなきゃいいけど、「あの人は詐欺師よ…」という噂が立ってしまうともうダメ。
真面目にコツコツ翻訳しても、短期間で億を稼ぐなんて不可能だから、高額情報商材販売に走るのだろうが、老後は悲惨である。
なにしろ詐欺師は尊敬されない。
若い人たちから心から敬意を示されてこそ老後は幸福なのに。
特に翻訳業界は、正義感が強い男女も多い。
「高額情報商材を売りつけて、大勢の被害者を泣かせた…」老人と親しく付き合おうとする人はいない。
実際に大金を支払った受講生に対しても、実名と実住所を知らせないタイプの詐欺師がいるみたいだが、ネットに名前をアウティングされると困るようなことをしているという自覚があるのだろう。
老人はなんとかして周囲の人たち、とりわけ若い人からリスペクトされたい。
「稼げる」を連呼するのも、若い人に注目されたいからだが、実際は品性の卑しさをバカにされている。
金だけあって無味乾燥な人生が手に残り、こんなはずじゃなかったとなる。
稼ぎさえすれば、周囲は尊敬してくれると勘違いして、さらにあこぎな詐欺に走る。
ブログランキング・にほんブログ村へ
翻訳ブログ人気ランキング参加中



Comments(0) |  │   (17:39)

April 05, 2021

思い付きでイタリア語の勉強を始めて11か月経過したのだが、最初の3年間(つまりあと2年間)で3000時間の学習時間を投入することを予定している。
2021-04-05
英語の勉強をしたことがない日本人がイタリア語を学習しようとするよりも、英語上級者がイタリア語を学ぼうとするほうが楽だし、うまくいきやすいというのは、語彙がよく似ているからだと思う。
ボキャブラリーの増強は頭の痛い問題だが、20代のころ、必死で英単語を頭に詰め込んでいた時間が、アラフィフと呼ばれる年代になって、第二外国語を学ぶときに役立つとは想像していなかった。

Comments(0) |  │   (11:08)

April 04, 2021

エジプトの首都カイロで3日夜、3000年前の古代エジプトのファラオのミイラ22体を移送するパレードが行われ、ミイラは、それぞれの名前が記された専用車両で、およそ5km離れた博物館に運ばれた。



エジプトとしては、世界の注目を集め、海外からの観光客を取り戻したい考え。
エジプト人の若い女の子が3000年前の侍女の恰好をしてパレードを盛り上げていたが、本場の人間がやるとまた違いますな(笑)
パレードは参加者のコスプレもすごいし、あのファラオの名前を記した霊柩車?もいいし、音楽も最高に決まっていてかっこいい。
Walk like an Egyptianとか王家の紋章とかそういうパワーワードを彷彿とさせる。
スエズ運河のトラブルはファラオの呪いだという議論が、エジプト国内で巻き起こっていたらしいが、きっちり専門家が否定。
新しい博物館は、世界最大級の大きさで、ミイラを傷めないように最先端の技術をふんだんに使用しているとのこと(コロナで開館とパレードが1年延長していた)

Comments(0) |  │   (13:05)

April 03, 2021

どことは言わんが、毎週メルマガを送ってくれる翻訳会社兼翻訳学校があって、「2021年度春季の医薬翻訳講座は下記の通り締め切りました」とある。
ちなみにこの翻訳会社兼翻訳学校、特許翻訳で有名なところである。
しかし特許翻訳コースはまだ締め切られてないみたい。
だいたいすべての専門分野別コースがあるが、医薬翻訳コースは毎回こんな感じなのだろうか。
医薬翻訳を目指す翻訳女子のきもち…
仕事量を長期にわたって確保したいとか、同じ翻訳を学ぶのなら、レートが高い方がいいとか。
もっと言うと、特許翻訳は理系、理系にはついていけないという事情もありそうである。
この翻訳会社兼翻訳学校は詐欺ではないが、翻訳者として差別化するために医薬翻訳を学ぶのは、本当にペイするのだろうかとよく思う。
ライバルが多いからただの翻訳者じゃだめ、医薬翻訳の専門知識を身につければその他大勢と「差別化」できる…という理由で、逆にライバルを増やしていないだろうか。
ビジネス分野の翻訳トライアルならハードル1メートルなのに、医薬分野のハードル3.5メートルみたいな。
拙ブログでは「なるべく低いハードルをまず飛んで、中の人になること」を推奨している。

ブログランキング・にほんブログ村へ
翻訳ブログ人気ランキング参加中

Comments(0) |  │   (11:21)

  • ライブドアブログ